OBIHIRO CONTEMPORARY ART 2018

 

帯広コンテンポラリーアート2018

「河口」展 参加作家  

※参加作家ページへ戻る

 

梅田 マサノリ Umeda Masanori

 

「 」 

制作年 : 2018

素材 : 

大きさ : 

作品展示場所 :  

作品設置予定日 : 



 

▲top

 

 

梅田 マサノリ 

Umeda Masanori

帯広市在住

美術家・グラフィックデザイナー・福祉施設創作活動支援員
北海道生まれ。85年から作家活動を開始。以来各地で展覧会を開催。北海道・シカゴ・マディソンを中心に活動する。グラフィックデザインを基軸とし、様々なデザインワークを展開。「地方と現代美術」を象徴するアーティストを多数参加する「帯広コンテンポラリーアート」の事務局をおこなう。また、展覧会などを通じ、地方での新たな展示場所を見つけ、再構成による展示発表も行っている。2014年からアメリカシカゴのギャラリー「up town art center」にて北海道のアートシーンに焦点をあてた第三回目「Our Art working 2016  CLOSE UP OF HOKKAIDO IN CHICAGO」企画・出品。同時期に帯広・マディソンの10周年事業プログラム企画展の開催委員。       

 

 

▲top

OBIHIRO CONTEMPORARY ART 2016 「ヒト科ヒト属ヒト」

「不在」

 

OBIHIRO CONTEMPORARY ART 2015 「マイナスアート展」

「現ututuな像」

 

OBIHIRO CONTEMPORARY ART 2013-14 「防風林アートプロジェクト」

「とるねーど もしくはツリーホームレス」

OBIHIRO CONTEMPORARY ART 2011 「真正閣の100日」

「透明な通路」

 

※参加作家ページへ戻る

 


▲top