OBIHIRO CONTEMPORARY ART

 

 


 

帯広コンテンポラリーアート2018 「河口」 展

河口(かこう)/ 川が海や湖に注ぎ入るところ

河口という2つの水域が混合、もしくは融合する<結節点>に立ったなら、過去の、未来の夢が見えるかもしれ
ない…。
河口という流動し、変動し続ける<転換点>に身を置いたなら、時代や環境の奥深くに隠れ潜んでいる抗(あらが)
いの様相や不変の意向が姿を現すかもしれない…。
ときには複雑に重層し、錯綜する河口の魅力的な物語(ストーリー)に着眼。
人もまた己の中に―それぞれの河口―を持っているという前提のもとに、河口が内包する普遍性と特殊性にアートの
視点から一歩踏み込んだ展覧会「『河口』展」を開催します。

十勝には、太平洋に注ぐ十勝川の河口(豊頃町・大津)がありますが、十勝にこだわらず、各人各様の河口で、自由
に表現していただければと思います。

作家の皆さまから事務局に寄せられた作品のコンセプト、制作過程と作品の画像、メッセージ等を集約、随時更新し、
フェースブックや ホームページを介して広く世界に発信します。また、会期終了後、全ての内容を収録した記録集を
発行します。

参加作家と鑑賞者とで創り上げる「『河口』展」の、従来の形式とは異なるインターネットを活用した表現形態が、
後に続く野外展をはじめとする各種美術表現の新たな切り口になることを切望します。

                                            

                                          実行委員長 吉野隆幸

 

 


 

【開催場所】

参加作家が個別に選んだ河口(川が海や湖に注ぎ入るところ)

 

【会期】

2018年4月1日(日)~12月31日(月)

 

  

■アートキャンプの開催

日時 : 2018年8月4日(土)~5日(日) 一泊二日
場所 : 浦幌町森林公園
住所 : 十勝郡浦幌町字東山町22-1
会費 : 4,000円

14:00~15:00 シンポジュウム (講師及び題は未定)
15:00~16:30 意見交換 作品の紹介など
17:00~19:00 屋外でバーベキュー
19:00~ バンガローで宿泊(バンガローは男女別に用意、寝袋などの寝具は各自持参)

【翌日は朝から十勝川の河口に移動し見学、その後、自由解散】

 


 

【主催】

帯広コンテンポラリーアート実行委員会

【後援

帯広市・帯広市教育委員会

十勝文化団体協議会・十勝観光連盟・一般財団法人帯広市文化スポーツ振興財団

 

【助成】

公益財団法人カメイ社会教育振興財団(仙台市)

 

【帯広コンテンポラリーアート2018 「河口」展 実行委員会 

実行委員長:吉野隆幸  

副実行委員長:池田 緑

事務局長:鈴木 隆  

記録・広報:梅田正則

会計:伽井丹彌   

監事:茶畑美智子 

 


 

 

▲top