OBIHIRO CONTEMPORARY ART 2018

 

帯広コンテンポラリーアート2018

「河口」展 参加作家  

※参加作家ページへ戻る

 

内藤 万貴 Naito Maki

 

「 生き流 」  to live

制作年 : 2018

素材 : 砂  (行為と作品の変化を写真・映像に記録)

大きさ : オニハマダイコンが生え始める場所から砂浜が伸びている限界のところまで。


石狩砂丘海岸が広がる石狩川河口にて、砂を握りしめて作るオブジェを無数に設置する。オニハマダイコンが生え始める場所から、海と川の境に向かって伸びている限界の砂浜までが範囲となる。

 私にとって川は、森と比べるとおぼろげな存在だった。そのため河口像がなく、この際具体的なイメージを得るために石狩川河口に向かった。河口の最先端に立ったとき、自分自身が溶けていくような錯覚に陥った。ここでは、何かをとどめることが出来なく、常に変化していく。砂もまるで生き物のようだった。
そこで初めて見たのは、根が露出してしまった植物だった。飛ばされないようにしっかりと砂の地面を根で握りしめて懸命に生きようとしていた。
波、砂とそこに息づく植物たちの蠢きを重ね合わせ、私のテーマである「生」を表現する。 砂から生まれ、砂浜と波のなかに還っていく。              


 

 

生き流 to live 2018/08/28

 

生き流 to live 2018:08:29

 

生き流 - to live - 2018.10.19

 

生き流 - to live - 2018.10.22


 

 

 

2018年8月28日
河口の先端部分の砂浜と、そこから少し内陸に入った場所で作品を制作・設置。



 

2018年8月29日
2日目は、川岸部分と在来種と外来種が入り混じるエリアで、作品制作・設置。

 

川岸部分の時間経過後。 風がとても強く、砂と風による変化が早かった場所。


秋(10月)と冬(11月か12月初頭)にも再制作予定。
制作記録の映像をYouTube等にもアップしていきます。

 

2018年10月19日

石狩川河口にて、今までで最大の範囲で再設置。
しばらく晴天が続き、強風もなく、3日後にも作品の跡が残っていました。

 

制作時と3日後。

 

オブジェ 制作時と3日後。

 

2018年10月22日

少し内陸に入った場所で、夕陽が沈み始める頃から制作。時間との競争で、沈みきる前に完成。

 

この日は満月が近く、日が沈んでもあたりが明るく照らされた。

 

 

▲top

 

 

内藤 万貴 

Naito Maki

札幌市在住

2012 北海道札幌啓成高等学校 卒業
2013 北海道教育大学岩見沢校 芸術課程 美術コース 入学
2017 北海道教育大学岩見沢校 芸術課程 美術コース 実験芸術専攻 卒業
2017 北海道教育大学大学院 札幌・岩見沢校 教科教育専攻 美術教育専修 
彫刻分野 入学、在籍    

【 発表歴 】

2016 北海道教育大学岩見沢校美術文化専攻選抜展「エントランスアートNEXT2016」(STV北2条ビル)
2017 北海道教育大学岩見沢校 空間造形研究室展+卒業制作展(札幌市資料館)
  2016年度 北海道教育大学岩見沢校修了・卒業制作展(岩見沢駅舎、札幌駅前サテライト)
  2017年度北海道教育大学岩見沢校 美術文化専攻 七月展(札幌市民ギャラリー)
  まなみーるロビー展2017・夏「何ぞやドローイング展」(岩見沢市民会館・文化センター)
 

Cross-border Arts Project 舞踊×美術×音楽×映像 「  の連鎖〈iki〉no rensa」
(アーツ&スポーツ文化複合施設HUG)

2018 北海道教育大学岩見沢校 空間造形研究室展+卒業制作展 
「やっぱりさぁ、十々(じゅうじゅう)なんだよね。」(札幌市資料館)
 
学生展示企画2017 Part.13 空間造形研究室 院1 内藤 万貴 個展 movie::file://localhost/Users/naitoumaki/Desktop/%E5%80%8B%E5%B1%95DM%20%E3%81%AA%E3%81%A8%E3%82%99/ikikaru_03_03.gif  〈iki〉ka-ru
 
Cross-border Arts Project 舞踊×美術×音楽×映像 「   の連鎖〈iki〉no rensa」  Dance Video (アーツ&スポーツ文化複合施設HUG)

 

▲top

「   」(いき)

「今日の息」

「誘」(いざない)

「  の連鎖〈iki〉norensa 」

 

※参加作家ページへ戻る

 


▲top